CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
ブログ引っ越しました
0

    あれは確か去年の11月に、エキサイトブログに引っ越しました。

    ただこちらではお知らせは特にしていませんで、各お店のサイトからだと引っ越し先ブログに直結するのですが、

    こちらをご覧いただいていた方は、あれ、更新ないなと思っていらっしゃたとことと思います。

    何せ、jugemブログは「保護されていない通信」と赤字で表示が出るので、見る人をひやひやさせたくないので引っ越すこととなりました。

    お手数ですが、もしご覧になりたい場合は、お店のサイトからご覧ください。

    こちらのブログも4月ごろには閉じます。

    | - | 10:19 | comments(0) | - |
    誰も自分が年を取るとは思ってない
    0

      どうやら8月は全くブログを書いてなかったようで。。。

       

      最近夜寝ている時、横向きになると腰が痛みます。

      確か2年前のある朝、起きてしばらくして急に右側の腰が痛み始めました。

      これが何なのかはよくわからないままですが、いわゆる「ぎっくり腰」っぽいもの???

      それから疲れたり、理由のわからないときに、痛んだりします。

      まさか自分がもう腰痛に悩まされるとは思ってもみませんでした。

      いや、腰痛はもっと後、60すぎくらいからやってくると思っていました。

       

      うちもそうですが、近所中の家々の庭の木が、手の届く範囲までてっぺんがばっさり切られているのを見かけます。

      そういうのを見るたび、ああ、ここもかと思うのです。

      そういえば、近所の神社も同じようなことになっていました。

      気を植えた人も昔自分が若かった頃は、その木が育ってのちどうなるかとか考えたりしなかったと思われます。

      そう、自分が年を取るということに想いを馳せなかったように。

      植える時に年取って手に負えなくなるなんて考えて植える人はいませんものね。

       

      今年初め、街路樹が根こそぎ引っこ抜かれていて、これで歩道がすっきり歩きやすくなると思っていたら、

      なんと整備してまた新しい若木を植え始めたではありませんか。

      これさあ、大きくなったらまた管理が大変なんだから。

      大木で道路は暗いし、枝は信号機を隠すし、かといって植えた市は手入れしないし。

       

      私も漠然としたイメージはあっても、自分が年取るなんて子供の時も新入社員のときも考えなかったなあ。

       

       

      | - | 17:12 | comments(0) | - |
      豪雨と7月
      0

        台風来ています。

        今月は大雨に始まり大雨に終わるのでしょうか。

        さすがに今回は避難を考えるほどでした。

        近所も大なり小なり結構がけ崩れみたいになってます。

        まだ電車も動いていません。というのも、ここ危ないよねと、雨が降るたびにちょっとずつ地滑りしていた線路沿いの山が、何か所も地滑りしていて、一時は車道も覆われていたのでした。

        我が家にも一応避難袋なるものがありますが、真剣に揃えているわけでもなく、肝心な(おそらく)水と食料は入ってない状態です。

        しかし、これ抱えて雨の中足元の悪い中避難できる重量かというと疑問。

        本気で避難する、逃げるにはもっと身軽でないといけないということで、ちょっと中身減らして見直してみようとしているところです。

         

        そんなこんなの中でも洋服自体は縫っていました。

        自分のスカート2着、母のも2着。母の普段着3着、自分のパンツ2着、自分のブラウス2着、ワンピース1着。

        考えればまあまあ縫ってるんですが、商品は全く縫えていません。

        というのもなんだかスランプなのか、文化疲れなのか、何を縫っていいかわからなくなっていました。

        でも今、やっとその気になってきて、パターン作ってます。裏地以外縫いあがっているのもあります。

        なんとなくへこんだ感じになっていましたが、よく考えたらまだ7月で、8月はこれからなので頑張れば間に合う!ということに気づきました。

        しっかし、みんな元気によく働きますね。毎日何かしら小さな事柄が起こって、それに奮闘していると時間なんてあっという間に過ぎていきます。あと何人か自分がほしいくらいです。やりたいことはたくさんあるのに私が足りない。いや、私のバイタリティーが足りないと言ったほうが正しいかな。

         

        ただいま開店休業状態ですが、ゆっくり復活します。

         

        みなさんも暑さにバテず、健やかにお過ごしください。

         

         

        | - | 13:21 | comments(2) | - |
        楽しいってどういうこと?
        0

          久しぶりのブログです。

          今何しているかというと、たぶん頭でいろいろ考えて悶々としているんだと思います。

          それでも、先日お客様からうれしいレビューをいただきました。

          そして、SNSつながりの方からも心にしみる言葉をもらいました。

           

          どうも最近私のお洋服はあまり見てもらっている形跡もなく、

          自分自身もどんな洋服を作っていきたいかよくわからなくなって、足踏み状態です。

          うまくいかない時も辛抱する、というよりうまくいかなければいかないほどしつこく粘るのが私のこれまでのやり方でした。

          けれど「過ぎたるは猶及ばざるが如し」というのが私にとっても当てはまることわざです。

          たいていうまくいかないのに、これ以上無理だというのに、辞めることを選択できないのも未熟かと思い、

          確か日曜日はもう洋服を縫って売るのはやめようと決意を固めつつありました。

          そこへ、偶然購入してくださったお客様から「デートに着て行きます」とレビューが届きました。

          そういえば、これまでも会合や披露宴や大事な場所に着て行きますとレビューもらったことがありました。

          もちろんすごくうれしかったのは言うまでもありません。

           

          そして自分でもパターンを引く方が「自分でパターンを引くのも、型紙をアレンジするのも楽しいですよね」と

          言われているのを読んで、うーん、本来はそうだよね〜。とうなったのでした。

           

          おそらく、文化服装学院の通信講座があまりに険しくしんどくて、今はパターンを引く=大きな苦しみという気持ちがあまりに大きくて、全然楽しめません。だから少し時間をおいて、全然違う手芸を楽しんでみて、また何を作るか考えればいいかと思っています。

          やっぱり洋服なのか、違う何かなのか、はっきりわかるまで猶予期間と思うことにしました。

           

          楽しみにしてくださっている方が少しでもいるなら、申し訳ないですが、しばらくのらくらしてみます。

          洋裁が再び楽しくなるまで。

           

          | - | 13:38 | comments(0) | - |
          人工知能に打ち負かされた日
          0

            タイトルほど打ち負かされた内容はたいしたことないんです。

            スマホを持ち始めて早1年。でもほとんど使うことのない私。

            アプリをインストールするときに同意を求められる内容に仰天したのがきっかけで。

            以下のものを使用します。端末上の画像・動画・音声

            ってどういうことなの?勝手に中身見られるってこと?使用するってどういうこと???

            アプリを仮にアンインストールしても、それらの同意は続くような気がして、なんか不快なんです。

            でも今日、そんなこと言ってられない状況になりました。

            去年オープンした不便な場所にあるナポリピザ屋さんに行くことにしていて、一応グーグルマップを事前に見て確認していたのですが、いざ車で出発してみると、目印をすぎても全くそのようなお店もその付近の目印も見当たらないではありませんか。

            やっとみつけたコンビニの駐車場で、さすがの私も初めてスマホのグーグルマップを起動しました。もう同意内容はあきらめて。

            ものすごく行き過ぎてたのでした。しかも私のものすごい勘違いで右を見てないといけないのに左ばかり注意して見ていたのでした。

            「肝心なときに、あてにならないよね」とかなんかそんなことを母に言われながら、しょんぼりしてました。

            引き返しながら、ふと見ると、え〜、これって自分の場所まで教えてくれるの〜?

            小さな円が道路上を移動しているのを初めて知りました。しかもときどきたんぼの中移動してる。。。

            まさか私がスマホの地図をナビ代わりに利用することになるなんて!

            お店自体は本当にわかりにくい場所にありました。小さな工場のすぐそばの農道みたいに小さな道を入ると、ひょっとしてみたいな建物がそれでした。その農道に入るときも、「ほんとにこれ?」と聞かれて「だってこの人が言ってるもん」とスマホを指さす私。

            そうです。私を信用してはいけないんです。でも人工知能は信頼に足りる。なんという敗北!

            サラリーマン川柳に自分のレポート見てAIが笑う、みたいなのがあったけど、レポート笑われるのと信頼を失墜するのとではショックが違いすぎます。おかげでメニュー見ても上の空で決められず、ピザを食べ終わるまで今日の私を信じていいのか自分でもわからない状態だったのでした。

            | - | 16:40 | comments(0) | - |
            | 1/4PAGES | >>