CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
楽しいってどういうこと?
0

    久しぶりのブログです。

    今何しているかというと、たぶん頭でいろいろ考えて悶々としているんだと思います。

    それでも、先日お客様からうれしいレビューをいただきました。

    そして、SNSつながりの方からも心にしみる言葉をもらいました。

     

    どうも最近私のお洋服はあまり見てもらっている形跡もなく、

    自分自身もどんな洋服を作っていきたいかよくわからなくなって、足踏み状態です。

    うまくいかない時も辛抱する、というよりうまくいかなければいかないほどしつこく粘るのが私のこれまでのやり方でした。

    けれど「過ぎたるは猶及ばざるが如し」というのが私にとっても当てはまることわざです。

    たいていうまくいかないのに、これ以上無理だというのに、辞めることを選択できないのも未熟かと思い、

    確か日曜日はもう洋服を縫って売るのはやめようと決意を固めつつありました。

    そこへ、偶然購入してくださったお客様から「デートに着て行きます」とレビューが届きました。

    そういえば、これまでも会合や披露宴や大事な場所に着て行きますとレビューもらったことがありました。

    もちろんすごくうれしかったのは言うまでもありません。

     

    そして自分でもパターンを引く方が「自分でパターンを引くのも、型紙をアレンジするのも楽しいですよね」と

    言われているのを読んで、うーん、本来はそうだよね〜。とうなったのでした。

     

    おそらく、文化服装学院の通信講座があまりに険しくしんどくて、今はパターンを引く=大きな苦しみという気持ちがあまりに大きくて、全然楽しめません。だから少し時間をおいて、全然違う手芸を楽しんでみて、また何を作るか考えればいいかと思っています。

    やっぱり洋服なのか、違う何かなのか、はっきりわかるまで猶予期間と思うことにしました。

     

    楽しみにしてくださっている方が少しでもいるなら、申し訳ないですが、しばらくのらくらしてみます。

    洋裁が再び楽しくなるまで。

     

    | - | 13:38 | comments(0) | - |
    メルセデス女史
    0

      なんとなく忙しい4月が終わってしまって、5月も半ばですね。

      新緑が目にまぶしい。

      そして本日も新作や商品とは全く関係ないとりとめもないブログです。

      暇つぶしにでもなればいいんですが。

       

      表題の「メルセデス」です。

      これは女性の名前だそうですね。唐突に出てきたこの名前は、たまに通る道路沿いの「メルセデス・ベンツ」のお店を見て毎回思うことがあるからです。

      毎回通るたびに「メルセデス」って女性の名前なんだよねと新鮮に思い返す私。

      ベンツなのでてっきり男性の名前と思っていました、フランソワみたいに。

      いえ、逆だね。女性名と思っていたフランソワが実は男性名だった。って感覚です。

      私の想像上の「メルセデス」女史の印象はこんな感じ。

      金髪ウエーブの長い髪で青い目。痩せていて美貌に鼻高々で、赤いミニドレスを着ている。

      そしてベンツから降りてくるときは、まず脚を片方ぴんとまっすぐ出して降りてくる感じ。

      ものすごく勝手な想像。実際にメルセデスという名前の人を見たり聞いたりしたことないのでかなり失礼だと思うけど。

       

      はい、本当にしょうもない内容でした。

      お疲れ様〜

       

      | - | 17:42 | comments(0) | - |
      修了しました
      0

        かなりご無沙汰していました、ブログ。

        3月に文化服装学院の通信講座「服装コース」の修了作品を無事に提出しました。

        そして驚くことなかれ。こちらがまだですか電話をする前に返却されてきました。

        昨日めでたく修了証書が届きました。2年で修了すべきところを2年7か月かかりました。

        修了する気は満々で始めたのですが、思わぬ落とし穴があり、数々の非礼無礼に耐えながら最後までなんとか続けられました。

        もうこれは誰がどう頑張ったのかわかりませんが、見かねて追加金額を出してくれた母、私がいつ切れて投げ出すかと肝を冷やしながら見守ってくれた母に感謝しています。

        そしてあまりに困ったときにSOS電話に応えてくれた年上のソーイング同級生と先生に感謝したいと思います。

        お礼状書かねば!

        今はお店のことも考えつつ、自分のものを縫っています。

        私が着たいものはたいてい市場の好みとかなり違っているので。

        しばらく気がおさまるまで、自分の服を自分の好みの限り作ってみます。

        お店は辞めたわけではありません。新商品がなくても手は加えたりしているので、気晴らしに(なるかはわからない)ときどき見てくださいね!

         

        | - | 13:30 | comments(0) | - |
        人工知能に打ち負かされた日
        0

          タイトルほど打ち負かされた内容はたいしたことないんです。

          スマホを持ち始めて早1年。でもほとんど使うことのない私。

          アプリをインストールするときに同意を求められる内容に仰天したのがきっかけで。

          以下のものを使用します。端末上の画像・動画・音声

          ってどういうことなの?勝手に中身見られるってこと?使用するってどういうこと???

          アプリを仮にアンインストールしても、それらの同意は続くような気がして、なんか不快なんです。

          でも今日、そんなこと言ってられない状況になりました。

          去年オープンした不便な場所にあるナポリピザ屋さんに行くことにしていて、一応グーグルマップを事前に見て確認していたのですが、いざ車で出発してみると、目印をすぎても全くそのようなお店もその付近の目印も見当たらないではありませんか。

          やっとみつけたコンビニの駐車場で、さすがの私も初めてスマホのグーグルマップを起動しました。もう同意内容はあきらめて。

          ものすごく行き過ぎてたのでした。しかも私のものすごい勘違いで右を見てないといけないのに左ばかり注意して見ていたのでした。

          「肝心なときに、あてにならないよね」とかなんかそんなことを母に言われながら、しょんぼりしてました。

          引き返しながら、ふと見ると、え〜、これって自分の場所まで教えてくれるの〜?

          小さな円が道路上を移動しているのを初めて知りました。しかもときどきたんぼの中移動してる。。。

          まさか私がスマホの地図をナビ代わりに利用することになるなんて!

          お店自体は本当にわかりにくい場所にありました。小さな工場のすぐそばの農道みたいに小さな道を入ると、ひょっとしてみたいな建物がそれでした。その農道に入るときも、「ほんとにこれ?」と聞かれて「だってこの人が言ってるもん」とスマホを指さす私。

          そうです。私を信用してはいけないんです。でも人工知能は信頼に足りる。なんという敗北!

          サラリーマン川柳に自分のレポート見てAIが笑う、みたいなのがあったけど、レポート笑われるのと信頼を失墜するのとではショックが違いすぎます。おかげでメニュー見ても上の空で決められず、ピザを食べ終わるまで今日の私を信じていいのか自分でもわからない状態だったのでした。

          | - | 16:40 | comments(0) | - |
          武井武雄展へ
          0

            めったにない文化的な行事が、一応この地方にもある美術博物館での催し物です。

            去年は仮面ライダー展などがありましたが、あいにく私は見て育っていないし興味もなく行きませんでした。聞き及ぶに親子3世代が楽しめたそうです。

            ファンタジーの王様という冠をいただいた武井武雄展に行ってきました。大正から昭和に生きた童画家さんなので、私が生まれてからしばらくして亡くなりました。というわけで全く接点がないまま観覧しました。

            個性的な絵を同じ人が描いたのかと思われるほど多岐に渡って描いている人でした。水木しげるより先におばけを描いていて、そうかと思えば不思議の国のアリスの世界観っぽいものも描いているし、没頭する物が多い人だったようです。というのも本の装丁から材質から原価計算からいろいろ自分でやったようで、いろんな材質に挑戦し、きっと奥さんは大変だっただろうと容易に推測できました。ちなみに絵を見てふと感じたのはおばけと神様は紙一重か?ということでした。

            描かれた絵よりも、いろんな刊本の材質や技法がおもしろくて、パピルスの栽培から始めて4年してできた本など、あと、伝統工芸の彫師に手伝ってもらったりと、とことんやる印象でした。そのこだわりようは、ファンにはたまらないだろうなというほどです。

            私の印象に強く残ったのは、手製のトランプと小学館から出たかるた。

            手製のトランプは、娘にせがまれて使用済みのはがきを半分に切って再利用。ちゃんとジャックやクイーン、キングも絵が描かれています。大きくて小さな子供にはいいなと思いますが、ただ裏面を覚えてしまえばばばぬきは楽勝になってしまう難点がありそう。

            かるたはなんといっても「ろ」のくだり。「論より証拠」という文に合わせた絵が、木に打ち付けられた藁人形というなんともシュールなもの。他にもかるたはとってもおもしろい文が選ばれ絵もおもしろかったけど、この「論より証拠」が一番印象的だったのでした。今でもあればほしいです。

            お仕事の合間に自分だけの楽しみとして、これまた陶器を焼いてその中に絵を描くということもしているし、布やビーズを使ってコラージュしたり、面白い人ですが、絶対奥さん大変だったと思います(2度目)。

            こんな人は今はいないような気がします。手間暇かけないで効率ばっかりで、浪漫とか情緒とか何かわからないけど、説明ではわりきれない気持ちの部分が最近ではめっきり減ったようなきがします。新幹線から食堂車が消えうせたみたいな感じの。

             

            ところで全く関係ないのですが、最近の選挙ポスターはインスタグラム化されたのでしょうか?

            信号待ちしていて。ぼーっと選挙ポスター眺めていて、あれ?縦長長方形じゃない!正方形だ!とびっくり。

            一体いつから?みなさんご存じでしたか?

             

            | - | 14:56 | comments(0) | - |
            | 1/14PAGES | >>